店舗案内



株式会社 ウィンズ調布 東京都知事免許(2)第86146号
〒182-0024
東京都調布市布田4-17-10
セントラルレジデンス調布1F
【TEL】042-442-9533
【FAX】042-442-9532
【営業時間】10:00 〜 18:00 

 





 

 

 

 

グループ会社

 

定休日


お部屋探しHowTo

住みたい地域と条件を決める

新しい住まいを探す前に、自分の希望条件について優先順位を決めていきましょう。
誰しも新築で便利で安い部屋に住みたいものですが、すべての条件を満たすお部屋は難しいかも知れません。
部屋探しは、自分の生活スタイルを知ることが重要です。朝起きて就寝するまで、どのような生活パターンなのか、そのために必要な条件は何かを考えましょう。
バイクで通学する学生ならば駅から遠い物件でもOKとする。
忙しいビジネスマンなら日中はいないので日当たりが少々悪くても駅から近い物件を優先する。
また、女性ならばセキュリティー重視に物件を探すなど、自分の生活スタイルを考えながら部屋探しをする、これが成功するための最初のステップといえるでしょう。

希望エリアの情報収集を行う

お部屋探しの方法はいくつかありますが、希望するエリアの不動産会社の立て看板を見に行くのでは手間が掛かって大変です。
雑誌でもお部屋探しはできますが、出版物である以上、物件掲載までに時間が掛かるので既になくなっている可能性も高いのです。
そこで、インターネットを利用した物件検索をおすすめします。
ネットの特性で物件更新はリアルタイムで行われているので掲載情報が新鮮です。
また深夜でも物件検索ができ、そのまま問い合わせをすることも可能です。
さらに、そのエリアや沿線の家賃相場も簡単に把握することができるので、是非便利なインターネットを使ってお部屋探しをしましょう

部屋について問い合わる

希望するお部屋が決まってきたら、いくつかに絞っていきましょう。
いくらインターネットで手軽に情報収集できるからといって、20件も30件も問い合わせをしていたのでは、その間にお部屋がなくなってしまいます。
そこで、これはというお部屋をいくつか絞り込み、インターネットでも電話でもいいので問い合わせをしてみましょう。あなたが良いと思うお部屋は、他の人も良いと思っている可能性が高いので一番のお気に入り物件は、早めに問い合わせをした方が良いでしょう。

不動産会社へ行く

お気に入り物件を紹介してもらいに不動産会社に行きましょう。
その際、自分が問い合わせをした物件以外に希望条件にあったお部屋が他にないか、お店の人に探してもらいましょう。
案外、雑誌やインターネットに掲載前の情報がお店にあったりしますので、是非尋ねてみてください。

部屋の下見をする

たとえ間取りが南向きであっても、目の前に建物が建っていて陽当たりが悪いこともありますので、必ずお部屋の下見をすることをおすすめします。
車で案内してもらうことも多いため、地図を持っていき場所がどこなのかを教えてもらいましょう。
そして、お部屋の中に入ったら今の家の中にある家具やサーフボードなどの大きな荷物などが入るかどうか収納スペースを確認しましょう。
パソコンなど電化製品を数多く使用する人はコンセントなどの位置も確認しておきましょう。
また、気に入ったお部屋が絞り込めたら近所にコンビニなどがあるかどうか確認するために歩いてみましょう。
できれば、昼と夜どちらも見てみると良いでしょう。

入居の申し込みをする

お部屋が決まったら、次は申込みです。
申込金が必要になる場合もありますので、トラブルにならないようペットが飼えるか、ピアノを置いてもいいのかなど気になることや更新料の有無など、契約についての疑問点はあらかじめたずねておきましょう。
重要事項説明書という書類があり、これについて説明を受けますが、専門用語が多いため分かりにくい点は宅建主任者に直接聞いてみると良いでしょう。
また、大家さんや管理会社の入居審査が数日掛かるため日にちも余裕を持っておきましょう。

契約の準備

賃貸契約する際には住民票や連帯保証人の印鑑証明、在学証明などいくつも証明書が必要になってきますので、時間があるときを見つけて事前に書類を準備しておきましょう。
また会社に発行してもらわないといけない源泉徴収票などが必要になることがありますので、不動産会社の人に必要書類をたずねておき、スムーズに契約できるよう心掛けましょう。

賃貸契約を結ぶ

いよいよ賃貸契約を締結しますが、再度、借りるお部屋で禁止されていることや敷金返還についてなど聞きにくいことも契約時だからこそ改めて聞くことができますので、是非確認することをおすすめします。
また、ゴミ出しのルールなど日々の決まり事もこのときに聞いておくと後々トラブルにならないので確認しておきましょう。

引越し準備1(引越会社選び)

次のお部屋が決まったら、さあ引越しの準備に取りかかりましょう。
宅急便感覚の引越しプランからすべておまかせのプランまで、幅広く用意されていため予算、距離、時間などを考慮して自分にあった最良の引越し方法を決めましょう。
いくつか候補の引越会社が決まったら、見積書を取り寄せてみましょう。
その際に不要品の処分を無料でやってもらえるのか、段ボールの持ち帰りサービスなどがあるかどうか確認しておきましょう。

引越し準備2(手続き)

転居前にする手続きや転居後にする手続きなど様々な届け出が必要になるため、あらかじめスケジュールを立てて効率よく行いましょう。
また、ほぼ全ての手続きに印鑑が必要なので、自分の認め印、銀行印、実印を事前に確認しておきましょう。
銀行の預金通帳などで、それぞれ登録印鑑をを使い分けている場合は、窓口であわてないように、前もって確認しておきましょう。

引越し準備3(荷造り)

引越しが決まったからといって、闇くもに梱包していったのではどこに何を片付けたのかわからなくなって段ボールをまた開けることになってしまいます。
詰めた中身を段ボ−ルの外側に太いマジックで書くことはもちろんですが、日頃使用しないものから順に梱包していき、最終的に生活必需品のみを残しておくようにするとあわてなくてすみます。
また、書籍など重たい物は、箱いっぱいに詰めてしまうと重たくて運びづらくなるので、多少軽い物と組み合わせるなど工夫しましょう。

引越し当日

引越し当日は、とても忙しいものです。運び込む荷物と部屋が異ならないためにも新居のお部屋のレイアウトを書き、家具をどこに設置するのかをあらかじめ整理しておくと便利です。
そのレイアウトに基づき引越会社のスタッフが関係のある荷物をその部屋に運んでもらえるからです。
また、荷物を運び込んだ後に楽に作業をするためには、引越のスタッフに声を掛けて連携をとるのが一番良い方法でしょう。
引越し後のご近所への挨拶は、何日も経ってしまうとやりづらいものです。時間をおかずに済ませてしまいましょう。

各種届出を行う

転居後14日以内にしないといけない転入届や運転免許証の住所変更など、各種届け出が必要になってきます。
時間が経つほど面倒くさく感じてしまうので、できるだけ早い時期に済ませておきましょう。